単球レフレックスラジオキット!

久しぶりの真空管ラジオの話題です。
Yahoo!オークションで面白い真空管式のラジオキットを見つけ、それを落札(というか、実は私くらいしか興味を示さないので注文に近いのですが (^^;)、本日無事に組み立てが完了しました。
"八ヶ岳クラブ"さんの「4EW6単球レフレックス球ちゃんラジオキット」というものです。
4EW6という増幅率が非常に大きい真空管を1本だけ使った、"レフレックス方式"のAMラジオなんです。
このレフレックス方式というものですが、一つの真空管(またはトランジスタ)で高周波増幅と低周波増幅を兼ねさせて、感度を上げようとするものです。
その昔、真空管やトランジスタがとても高価だった時代によく使われていた方式です。
で、実際に組み立てて動作させた結果ですが、さすがに高感度です、アンテナ線を付けなくても、地元のAM局はすべてちゃんと受信することができました (^_^)
ただし難点もあります。
周波数の分離度が非常に悪いのです。
まあ新潟のように放送局3局の周波数が離れていればいいのですが、東京のように近い周波数の局がある場合は放送が混じって聞こえちゃうのです。
でも、たった1本の真空管でスピーカーまで鳴らすことができるとは、大変にすばらしいラジオキットですね!

P.S.
先ほどまでUX(テレビ朝日)で放送されていた「めぞん一刻」、懐かしかったです!
音無響子さん役の伊東美咲さん、ピッタリでしたね (^_^)
とっても魅力的でした。
私がビックコミックスピリッツを読み続けた大きな理由は、実はこの「めぞん一刻」が連載されていたからなんですよ。

投稿者 みやざわ : 23:34 | 31:ラジオ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cgi.tiny.jp/cgi-bin/teeter_totter/tt-cgi/tt_tb.cgi/74

コメント

早速のご回答有り難うございました、早速実験してみます、違反はしないよう気を付けます。

投稿者 各務勝弘 : 2010年6月23日 23:53

 このサイト(「宮沢博士の・・・・),実に楽しいです。ボクには小千谷にとてもいい友だちがいるんです。それで新潟県の方というととても親しみと懐かしさを感じるのです。今後よろしくお願いします。
        山形県村山市 ex JA7ANT 鈴木

投稿者 いなかオヤジ : 2011年5月5日 21:12

山形のいなかオヤジさま、こんばんは。
うれしいコメント、ありがとうございます!
これからも、「五頭日記」の方も、よろしくです。

投稿者 みやざわ : 2011年5月6日 20:30

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ


< 2007年5月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Recent Comments