今夜の星空!

今夜、五頭山の麓の某所で撮影した星空、逆さの北斗七星です!
実はこの場所で、星がどれくらいよく見えるかを確かめたくて撮影してみました。
ただし今夜は薄雲が出ていて、あまりいい条件ではなかったですが。
でも三脚固定撮影、30秒露出にしてはよく撮れていると思います。
ひしゃくの柄から2つ目の星はミザールとアルコルの二重星ですが、ちゃんとわかりますね。
さすがはとっても暗い場所ですね (^_^)

東の星空です。

かんむり座が写ってますよ。

南の空のしし座です。

中央左の明るい星は土星ですよ。

木々の間から見えた天頂付近です。


以上、かなりいい感じの星空 in 五頭 でした (^_^)

なお、すべての写真は、NIKON D70にTAMRONの24mmF2.5のレンズを付け、ISO640に増感して30秒露出で固定撮影したものです。

投稿者 みやざわ : 22:24 | 40:天体 | コメント (4) | トラックバック (0)

白根で天体観測教室!

本日午前と夜間、新潟市南区の白根学習館において、星空ファクトリーの天体観測教室を行いました。
今回は新潟大学の天文部が全面協力しています。
午前は"君もガリレオプロジェクト"の一環としての天体望遠鏡の工作教室、夜は土星を中心とした天体観察会です。
上の写真はPCとプロジェクターを使った星空の説明の様子です。(長野さん講師)
今夜はけっこう雲が出ていたのですが、薄い雲を通して、なんとか土星を見ることができて、よかったです。
天体望遠鏡で土星の輪を実際に見ると、子供たちよりも実は保護者(お父さん、お母さん)たちの方が感動するようですね!

午前の天体望遠鏡(口径40mm、15倍)工作教室の様子です。


何故望遠鏡では像が逆さまになるのかを説明する大学生。


星空ファクトリー所有の立派な天体望遠鏡!

とってもよく見えますよ!

私所有のしょぼい望遠鏡たち。

一番右が以前に作成した100円ショップの老眼鏡レンズ望遠鏡、約300円。
学生が持っているのが大人の科学付録のガリレオ望遠鏡、2,300円。
次が星の手帖社の35倍望遠鏡キット、2,880円。
手前が昨年の胎内星祭りで購入した口径80mmの望遠鏡、約7,000円。
この望遠鏡、安い割には像がシャープで、今回もけっこう人気でしたよ (^_^)

なお、上記値段は望遠鏡本体のもので、三脚や赤道儀、雲台等は実はもっと高価なものばかりです。

投稿者 みやざわ : 23:00 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

月と金星 in 八木ヶ鼻温泉!

1月28日のスキー帰りに、三条市(旧下田村)の八木ヶ鼻温泉"いい湯らてい"に寄りました。
そこの露天風呂に入っている時のことです。
夜空にとても明るく輝く金星と、月齢1.8のとっても細い月が見えたのです。
夕暮色の空に月と金星がとっても美しく輝いていたのです!
ということで、ちょっと急いで温泉を上がり、いい湯らていの駐車場に三脚をセットして撮影したのが上の写真です。
新月に近い月は"地球照"で影の部分も見えています。

そのアップの写真です。


さらに大アップです!


どうです、月の模様がよく見えますよね (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:29 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は星空ファクトリー忘年会!

今夜、三条市の越前屋ホテルにて、NPO法人星空ファクトリーの定例会と忘年会が行われました。
今日から新入会の女性Mさん(左列中央)も加わり、とっても楽しい忘年会となりました。
私は車だったためお酒は飲めなかったのですが、越前屋ホテルさんのとっても美味しい料理に大満足でした (^_^)
特に美味しかったのが"月潟産黒豚のスペアリブ"です!

柔らかく煮込まれたお肉、最高でしたね。

星空ファクトリーでは随時、皆様の入会をお待ちしております!
詳しくはホームページの"入会について"をご覧ください。

投稿者 みやざわ : 23:59 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

夜空に浮かぶニコニコマーク!

皆さま、今日の夕方、西の空をご覧になりましたか?
三日月と2つの明るい星で、夜空にニコニコマークを形作っていましたよね!
今日の月齢は3.4日、明るい星の左側が金星、右側が木星です。
金星が右目、三日月が微笑んでいる口、木星が左目で、西の空にちょっと左に傾いたニコニコマークの出来上がりです ・‿・
新発田からの帰り道、ずっとこの珍しい天体現象を見ていましたよ。
上の写真は新発田市から阿賀野市に入って付近にて、コンパクトデジカメ(SONYサイバーショット)で手でカメラが動かないようにおさえながら撮影したものです。
よく見るとぶれています (^^;
こんなにきれいな夜空が見えるなんて、ちゃんとデジタル一眼レフカメラと三脚を持っていくべきでした、反省。。

以上、予定を変更しての珍しい天体現象ネタブログでした。
明日は必ずラジオネタのブログをお送りします!

投稿者 みやざわ : 20:46 | 40:天体 | コメント (3) | トラックバック (0)

とっても優れた天体望遠鏡キット!

"星の手帖社"から出ている口径40mm、倍率35倍の天体望遠鏡キットです。
実は前回の星空ファクトリー定例会で長野さんが持って来たものなんですが、2,880円にしてはとっても良くできている天体望遠鏡キットなんですよ!
ということで、私も通販で入手してみました。
レンズはすべてガラス製、対物レンズは40mmのアクロマート、接眼レンズは豪華に3群5枚構成、丈夫なプラスチック製の鏡筒です。
工具なしで10〜20分ほどで作ることができます。
写真用の三脚にしっかりと取り付けることができます。

パッケージの上に置いてみました。


接眼レンズ部の拡大写真です。

短い焦点距離でも倍率を高めるために中間に凹レンズが入っています。

今夜の、ほぼ満月の月を撮影してみました。

コンパクトデジカメでの手持ち撮影ですので、あまりうまく撮れていませんが、実際はもっとよく見えるんですよ!

この天体望遠鏡キット、子供へのプレゼントに最適だと思いますよ (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:28 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

星空ファクトリーいも煮会 in しらさぎ森林公園!

本日午後、三条市(旧栄町)のしらさぎ森林公園でNPO法人星空ファクトリーのいも煮会を行いました。
参加者は7名と少なめでしたが、気持のいい秋空の下、とっても美味しいBBQ、いも煮、焼きそば、などを楽しみました (^_^)
では、とっても手際のよい焼きそば作りのショートビデオをご覧ください!
焼きそば作り!

そして今夜は天体ドームがある、しらさぎ荘での星空ファクトリー定例会でした。
で、何と新潟日報の記者さんの取材付きでしたよ (^_^;)

来週の新潟日報の紙面で星空ファクトリーのことが紹介されるらしいです (^_^)

投稿者 みやざわ : 23:27 | 40:天体 | コメント (3) | トラックバック (0)

中秋の名月!

今日は中秋の名月、新潟は予報に反して朝からとてもいい天気になりました (^_^)
ということで、いつもの夕日撮影場所である関屋分水展望台に行き、今夜は月を撮ってきました。
上の写真には展望台から見た満月と新潟県庁が写っています。
満月の拡大写真です。

この写真は望遠鏡でなく、ちょっと変わったレフレックス式の500mm望遠レンズで撮ったものです。
ちょっとピントが甘いようですね (^^;
でも、"うさぎ"がよくわかりますね (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:38 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

もうすぐ中秋の名月ですね!

今日の新潟はとっても気持のいい秋晴れの一日となりました。
今朝は久しぶりに最低気温が20度を切りましたね。
今度の日曜日、9月14日は中秋の名月ですが、今夜の月齢9日の月もとっても美しく輝いています。
上の写真はこの前紹介した口径8cmの屈折望遠鏡で撮影したものです。(倍率36倍)
本当は一眼レフカメラでまじめに撮影するつもりだったのですが、アダプターが足りないことに気づき、急きょコンパクトデジカメで"手持ち撮影"したものなんです (^^;
まあ手持ちにしてはけっこうきれいに撮れたようですね (^_^)
また今夜は木星が月の左上で輝いていましたが、望遠鏡で見ると、縞模様がとてもはっきりと見え、4つのガリレオ衛星もしっかりとわかりました。
でも、さすがに木星は手持ち撮影では無理でしたね (^^;
星を見るのにいい季節になってきたようです。

投稿者 みやざわ : 21:31 | 40:天体 | コメント (4) | トラックバック (0)

ミニ望遠鏡!

先日、ガリレオの望遠鏡のことを紹介しましたが、それに刺激されてか(?)、ちょっと変わった望遠鏡を作って(試作して)みました。
上の写真のとおり、全長5cmほどの小さな望遠鏡です。
通常の望遠鏡の接眼レンズ(焦点距離30mm位)を対物レンズに、直径10mmの透明水晶玉を接眼レンズにしています。
これで倍率5倍位のケプラー式(上下左右が反転して見える)望遠鏡になりました!
なかなかよく見えるんですよ。

(今日のお昼、村上市上海府の海です)
で、反対側から覗くと、広角レンズの景色が楽しめます (^_^)

ドアののぞき穴のような景色ですね。
今度は接眼レンズの水晶玉をもっと小さいものにして、倍率を上げてみたいと思っています。

P.S.
明日と明後日、佐渡ヶ島に行ってきます。
ときプロジェクトの田植えです。
ということで、明日のBlogは"宮澤氏の写メール日記"になるかも(ならないかも?)です。

投稿者 みやざわ : 22:35 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオの望遠鏡!

作りましたよ、学研大人の科学、「ガリレオの望遠鏡」!
今から400年前、1609年にガリレオが世界初の天体望遠鏡で星空を見たのだそうです。
この付録の望遠鏡は、そのガリレオの望遠鏡の第2号(口径37mm、焦点距離980mm、倍率約20倍、接岸は凹レンズ)を再現したものとのことです。
ただし、レンズはプラスチックで、対物レンズの焦点距離は2/3になっているそうですが。
今夜、実際にこの望遠鏡を使ってみました。
"ガリレオ式望遠鏡"のため、成立像なんですが、視野がすっごく狭いのです。
目的物を視野に入れるのがなかなか難しいですね。
今夜はとても空気が澄んでいるため、月が思った以上に美しく見えました!
20倍ですが、クレーターがちゃんとわかりますね。
けっこうシャープな像です。
土星も見てみたのですが、風が強くて鏡筒が震えるため、輪っかはよくわかりませんでした。

この付録の望遠鏡は、鏡筒を厚紙を丸めて作るのですが、これがなかなか難しかったです。
どうせなら鏡筒もプラスチック製にしても良かった気がしますね。

この天体望遠鏡で、400年の歴史を実感するのもいいかも、ですよ (^_^)

P.S.
中国四川省の大地震、現地の映像がだんだん入ってきていますが、その被害は大変に大きいようです。
決壊した道路など、あの中越地震と同じような景色になっています。
私は2004年の秋に四川省の成都と九寨溝、黄龍に行ってきたのですが、とても心配です。

投稿者 みやざわ : 21:16 | 40:天体 | コメント (3) | トラックバック (0)

"しらさぎ荘"の天体望遠鏡!

三条市矢田にある日帰り温泉施設、"しらさぎ荘"の最上階にはドーム式の天体観測室があります。
この施設は三条市が建設、指定管理者として新潟ビルサービスが運営を行っているのですが、実はその中の天体観測室だけは我々、NPO法人 星空ファクトリーが運営を委託されているのです。
昨夜は星空ファクトリーメンバー向けの望遠鏡操作講習会で、私も初めて参加してきました。
上の写真はドームに設置されている口径15cmの立派な屈折式望遠鏡です。
完全自動で観測したい天体を簡単に導入することができます。
この他にも口径8cmの移動式望遠鏡などが数多く用意されています。
外から見たしらさぎ荘と天体ドームです。

しらさぎ荘は山裾の高台にあるため、とても視界がいいですよ (^_^)
いま現在、土星がちょうど見ごろになっています。

この写真はデジカメで手持ち撮影のため、かなりぼやけていますが、本物は土星表面の模様がわかるほど、よく見えるんですよ!
月に何日かは一般の方もこの望遠鏡を見ることができます。(しらさぎ荘のHPを参照ください)
その時は星空ファクトリーのメンバーが優しく指導・説明しますので、どうぞ皆さま、ご利用くださいね (^_^)

なお、しらさぎ荘はたったの400円で温泉に入れますので、とってもお得ですよ!

投稿者 みやざわ : 22:19 | 40:天体 | コメント (8) | トラックバック (0)

HOMESTAR PURE mini!

卵型の黒い物体、これ、何だかわかりますか?
たぶん、実物を見たことがない方は、何だかわからないと思います。。
実は、セガトイズから発売されている「万華鏡タイプのプラネタリウム」なんです!
上部にレンズのついたのぞき穴があり、そこから中をのぞくと天の川を中心に、多数の星が見える、という品物です。
先日、LOFTで980円で購入しました。
セガトイズの家庭用プラネタリウム、HOMESTAR紹介ホームページ、ただしこのminiの紹介は何故かありません。。)
こんな感じで星空が見えます。

(実際にはもう少し広い範囲が見えますよ)
このプラネタリウム、本当に真っ暗な夜空で星を見ると、星が見えすぎて星座がわからなくなる、という現象が起こるのですが、、まさにその状態なんです。
私は北斗七星くらいしか、認識できませんでした (^^;
ちょっとしたクリスマスプレゼントにどうぞ、です。

投稿者 みやざわ : 21:06 | 40:天体 | コメント (3) | トラックバック (0)

ホームズ彗星です!

いま、肉眼でも見える彗星が夜空にあるのをご存知ですか?
先月25日頃に突然明るさを増した「ホームズ彗星」です!
明るさを増した直後は小さな星のような見え方でしたが、今はぼーと大きく膨らんで、もうすぐ満月くらいにまでなりそうな状況なんです。
彗星特有の尾っぽは、太陽−地球−彗星がほぼ直線に並んでいるために尾っぽが彗星の後ろ側になり、残念ながら見えないです。

ということで、久しぶりに晴れた今夜、先月入手した自動追尾装置、アイベルCD-1に一眼レフデジカメNIKON D70を付けて、ホームズ彗星を撮影しました。
上の写真は18-70mmF3.5のズームレンズを50mmの焦点距離にして、F4.5、79秒露出で撮影したものです。
なお、ホームズ彗星は口径5cm、倍率7倍の双眼鏡で、ものすごくはっきりと見ることができますよ!

70mmの焦点距離で、F4.5、116秒露出で撮影した写真です。

彗星の膨らんでいる様子がよくわかりますよね。

ホームズ彗星は現在、ペルセウス座にいます。
28mmの焦点距離で撮影した写真で彗星の位置を確認ください。(F4、65秒露出)

写真の中心がホームズ彗星、左上にカシオペア座、右側にプレアデス星団(すばる)が写っています。

CD-1での撮影の様子です。

なお、自動追尾装置CD-1の極軸合わせが、今日は北極星をうまく捉えることができなくて、いいかげんであったので、70mmでは星が結構流れてしまいました (^^;
極軸合わせの方法については、改良の余地がありそうです。

投稿者 みやざわ : 23:59 | 40:天体 | コメント (4) | トラックバック (1)

星空撮影便利グッズ入手!

秋も深まり、星空がきれいに見えるようになってきました。
ということで、星空をきれいに撮影するための便利グッズを入手しました。
上の写真の「アイベルのCD-1」です。
普通のカメラ用三脚に設置して使います。
棒状の金属パイプの穴を覗いて、北極星が入るように三脚の方向を調整します。
回転台の中心に付けた自由雲台で、カメラを写したい方向に固定します。
標準レンズで最長5分間程度の露出で星空を撮影します。
パルスモーターによる制御で、北極星を中心に回る星空と同じ速さでカメラを動かすので、固定撮影の様には星が流れないで、星をきれいに撮影ができるという理屈です。(自動追尾の赤道犠と同じ原理)

いま、突然明るくなった「ホームズ彗星」が見えているのですが、まずはそれを捕らえてみようかな、と思っています。

投稿者 みやざわ : 23:24 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

東赤谷の星空!

昨日のBlogで書いたラジオの受信調査に新発田の赤谷地区に行ったとき、実はとってもきれいな星空を見ることができたんです。
天の川がとても美しかったのです。
新発田の市街地からわずか30分ほどで、真っ暗な空があったんですね!

今日も朝から快晴の天気、ということで、今日はデジタル一眼レフカメラと三脚を車に積んで出勤です。
今夜は赤谷の更に奥、東赤谷まで行って、星空の撮影をしてきました!
東赤谷には19時半くらいから30分ほど居たのですが、その間、車は1台も来ませんでした。
余りに真っ暗で、山賊か熊か猿かお化けが出そうで、ちょっと怖かったですね (^^;;
一人で行くのはやめた方がいいですよ。
今夜の空は若干薄い雲があったようで、実は昨夜の方がもっとすっきりした星空でしたね。
それでも何枚かはきれいな星空が撮れたので紹介します。
なお写真はカメラのISO感度を高く設定、三脚固定で30秒ほどの露出で撮影しています。

上の写真は東側の空、カシオペアが写っています。
アンドロメダ星雲も写っているのですが、わかりますか?

アンドロメダ星雲がもっとよく写るように感度を上げたのがこの写真です。


天頂付近の天の川です。

夏の大三角形が写っていますよ。

不思議な写真です。

月が飛んでいってしまったんですよ (^^;;;

P.S.
今度の土曜日、9月22日午前に行われるTeamECO Work「棚田ACTION IN 山古志」に参加します!
まだ参加者の募集をしているようなので、興味のある方、参加してみませんか?
私の車に同乗も可能ですよ (^_^)

投稿者 みやざわ : 22:38 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

皆既月食、、、終わりました。。。

今日は6年半ぶりの皆既月食、天気予報では夕方には晴れるということで、車に望遠鏡まで積んで会社に行ったのですが、、、
夕方になっても空には厚い雲、小雨も降っています。。。
でも、実は今夜20:15ころ、我家の近辺では雲に切れ間ができ、ちょっとの間でしたが、赤黒くなった満月を雲間に見ることができたんですよ (^o^)/
で、カメラで撮影しようと準備をしている内に、また厚い雲が、、、
月食が終わる21:24まで待ってみましたが、もう月を見ることはできませんでした。。。
ということで、上の写真は月食代わりの"月見ヌードル"です。
以上!

投稿者 みやざわ : 22:46 | 40:天体 | コメント (5) | トラックバック (1)

胎内星まつりスタート!

本日8月24日午後から26日正午まで、胎内市の胎内平において、「第24回 胎内星まつり2007」が開催されています。(胎内平は胎内スキー場から川を挟んで向かいの丘の上です)
日本各地の星好きが胎内平に集まる、"世界最大の星まつり"とのことですね (^_^)
■胎内星まつり公式情報HP
ところで、本日は仕事の私が何で上の写真が撮れたかというと、、、私の勤める会社、"新潟通信サービス"が本イベント会場からのインターネット生中継に設備協力しているからなんです!
今日は業務として会場に行き、インターネット中継の設備を設置してきたんです。

会場からの生中継動画、および2分毎の静止画は下記のページからご覧になれます。
■胎内星まつりメモリアル写真館
このページの一番下に我社の"協力"の記述がありますよ。
実は会場から我社まではISDN回線(2ch)、128Kbpsで動画と音声を送っています。
そして我社のメディアサーバからは高速光回線でインターネットに発信しているという理屈です。
今時ISDN、という感じではありますが、128Kbpsでも十分に滑らかに動く動画を見ることができますよ!
(ADSLは遠すぎてNGなんです)
また音声も会場のマイクから直接PCにつないでいますので、十分に鮮明な音声となっています。
先ほど、小ゑん師匠の星空落語を中継していましたが、話はすごくはっきりと聴くことができました!

P.S.
明日、私は当然「胎内星まつり」に参加、、、できないんです (^^;;;
昼は古町のNAMARA-YAで行われる「田中優さん講演会」にプロジェクター技師として参加、
夜は関屋中学3年7組の暑気払い飲み会&佐渡ツアー報告会があるんです。
相変わらず、忙しい人生を歩んでおります (^^;;;

投稿者 みやざわ : 21:51 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け空に二日月!

本日の帰りに横越地区の田んぼで撮影した夕焼け空に浮かぶ「二日月」です。
とっても細い月でしたが、正確には月齢2.5の月ですね。(正午で月齢2.2)
つまり明日が「三日月」なんですよ。
コンパクトデジカメ用の三脚を持っていなかったので、かなりぶれた画像になっています。
今度はコンパクトデジカメ用三脚も常時持ち歩くようにしないとですね。

投稿者 みやざわ : 21:37 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急ペルセウス座流星群観察会!

今日は東京の叔父さんと従弟が昼から我家に来ることになり、午前中は部屋の大掃除をしていました。
ただ35度を超える猛暑日の新潟、大掃除途中で熱中症になりそうだったため、掃除は途中でギブアップ、かなりいいかげんな状態でのお客向い入れとなりました (^_^;)
東京の従弟、私の自作ラジオや望遠鏡にずいぶん興味を持ってくれて、とてもうれしかったです (^_^)
で、この掃除中に関屋中学同窓会代表幹事のMさんからメールが入り、"今夜、ペルセウス座流星群を女性2人で見たいのだけど、どこらへんがいいか?"との問い合わせがあったのです。
星を見るにはもちろん暗い山の中がいいのですが、女性だけで行くには危ないし、、、ということで、私も同行することにしたのです。
ならば他の幹事にも声を掛けよう、家族もどうぞ、ということになり、総勢9名での"緊急ペルセウス座流星群観察会!"となったわけなんです (^^;
観察場所は新津と五泉の境付近、サンスポーツランドの駐車場にしました。
ここはあまり暗い場所ではないのですが、流星観察には全天が開けていて、いい場所なんですよ。
で、2時間あまりの観察会で、延べ10個くらいの流れ星を見ることができたでしょうか。
(実は私は3つくらいしか見れなかったですが。。)
今夜は痕跡が残るような非常に明るい流れ星(火球かな)を多く見ることができました。
数は多くはなかったですが、まあ満足な結果ですね (^_^)
また私の10cm屈折望遠鏡で木星のガリレオ衛星や、白鳥座の美しい2重星、アルビレオなどの観察も行いました。
観察会の終了に合わせて、五泉の方面で花火が打ちあがったのも、ナイスタイミングでしたね!
実は昨日の夕日コンサートも最後は花火で締めくくりでしたから、2夜続けて花火フィナーレとなったのでした (^_^)

P.S.
昨日の夕日コンサートの写真を"Miyazawa's Photo Album"にアップしました。
ただしコンサート中は一切の写真撮影禁止でしたから、その前後の写真ということになります。
(出演者の写真はないです)
せっかくのきれいな夕日が佐渡島に沈む瞬間の写真が、コンサート中なので撮影できないというのは、、、ちょっと残念でしたね。。
そこまで厳しくしなくてもよかったと思うのですが。。

投稿者 みやざわ : 22:57 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

立体星座早見盤!

星空観察をする時の便利道具、星座早見盤をご存知ですよね?
2重の円盤を回して、上側の円盤の楕円の切抜きから今現在見える星空を知ることができるものです。
その"立体版"が上の写真の「Star Globe」です。
いわゆる天球儀なのですが、そのつばの部分で緯度を合わせ、中心部で現在の日時を合わせることで、今現在見える星座を確かめることができるものです。
(詳しくは上のリンクからどうぞ)
実際の星空とは凸、凹が逆になりますが、真上から見るとこんな風に、本当の星空みたいに見えるんですよ。

以上、久しぶりの星空ネタでした (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:40 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

夕焼け空に金星!

今日の新潟、夕方前から天気が回復し、とてもさわやかな夕焼け空を見ることができました。
雨が上がり、空気がとてもきれいでしたね (^_^)
上の写真は小阿賀野川の寿橋(横越、新津間の橋)の上から撮影したものです。
オレンジ色の夕焼け空に金星が明るく輝いていました。

投稿者 みやざわ : 20:43 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

土星観察!

もうすぐ入梅なのでしょうか、いま、すごい雷雨となっている新潟ですが、、、今日も天体ネタとなります。
実は今週の金曜日に新潟市の青山で天体観察を予定しているのですが、天気予報ではどうも無理みたいです。
その会の主催者側である遠藤さんが、先週の土曜日に我家の庭で土星観察をしたのです。
私の10cmの屈折望遠鏡と、操作がやりやすい三脚、ビクセンの"ポルタ経緯台"を貸すことになったので、その操作練習の意味もありました。
前にも書きましたが、今は土星観測の好期で、10cmの望遠鏡を使い、100倍程度の倍率で見ると、とっても環が美しく見えるのです!
で、何故その美しい土星アップの写真がないかというと、、、実はうまく撮影できなかったのです (^^;;
一眼レフで撮影するためのアダプターを付けて、本当はちゃんと撮れるはずなのですが、、実際はぼやけてしまって、何がなんだかわからない変な写真しか撮れませんでした。
たぶん、何かが悪いのだと思いますが、もう少し研究させてください。

今日はデジカメのビデオモードで撮影した動画をご覧ください。(遠藤さんの撮影です)
■日周運動で画面の中を動いていく土星
小さいですが、土星の環がはっきりわかりますよね。
これで100倍程度の倍率となります。
肉眼で見ると、このビデオの10倍くらい、はっきり美しく見えるんですよ!
金曜日、子供達に生で土星を見せてあげたいのですが、無理かな。。

投稿者 みやざわ : 22:01 | 40:天体 | コメント (0) | トラックバック (0)

土、金、水!

昨日20時頃、我家の近くの田んぼで撮影した夕暮れの西空です。
これ、実はすごいんですよ!
左から、土星、金星、水星が写っているんです!
(NIKON D70、20mm、F2、ISO800、1秒露出で撮影。表示の都合上、横向きになってます)
いま夕方に西空で思いっきり輝いてる金星は簡単にわかると思いますが、その左上には土星が2番目の明るさで輝いています。
そして、金星を中心として土星とはちょうど反対側に、水星が見えているんですよ!
上の写真ではかなり見えにくいのですが、よーく見てみると、かすかに水星が写っているのがわかります。
(茶色の建物の右側の上方やや右をたどってください)
昨夜は地平線上には少し薄い雲が出ていたので、水星は肉眼ではちょっと認識できなかったのですが、5cm×7倍の双眼鏡でははっきりとその存在がわかりました。
私、長い人生で、初めてちゃんと水星を見たと思います。(たぶん)

今、夜空では8つの惑星、全てを見ることができるんですよ。
下記のアドレスを参照くださいね!
「惑星ぜんぶ見ようよ☆」

投稿者 みやざわ : 20:55 | 40:天体 | コメント (2) | トラックバック (0)

B級望遠鏡で土星観察!

久しぶりの星ネタですよ!
ちょっと不思議なものを作ってみました。
上の写真、右側から単眼鏡(7倍×18mm)、フィールドスコープ(22倍×50mm)、マクストフカセグレン方式の望遠鏡(40〜100倍×65mm)の3種類の望遠鏡を並べてカメラ用三脚に取り付けてみたものです。
これらの望遠鏡たち、ホームセンターで買ったり、オークションで買ったりした安物、いわゆるB級品なんですよ。
3つ合わせても13,000円ほどかと思います。(ちゃんとしたフィールドスコープは1台でも5万円ほどします)
何で3つを並べたかというと、星などの目標物を視野に入れるのに、いきなり高倍率では非常に苦労するからです。
それで、まずは双眼鏡と同じ低倍率の単眼鏡でおおよその位置を決めて、次にフィールドスコープでもう少し正しい位置に調整し、最後に高倍率のズーム望遠鏡で星を観察するというわけです。
ちなみに、これらの望遠鏡たち、像はすべて正立になっていますので、操作しやすいです。

今夜はきれいな星空になりましたので、これで実際に星を観察してみました。
西の空に、金星、月、土星がありますので、これらを順に見てみました。
土星は(今日は月の左上にあり見つけやすかったです)、しばらくはしし座の前足に当る1等星レグルスの前の方にあります。
今回、上に書いた望遠鏡の位置決め方式で、非常にスムーズな観察ができました (^_^)
宵の明星、金星は現在、半月状態になっていますね。
40倍ほどの倍率で形がよくわかります。
土星の環、よく見えましたよ!
40倍で環がはっきりわかりますし、ズームで100倍にしても、まあまあの画像で楽しめました。
22倍でもよく見れば環がなんとなくわかりますね。
土星は現在、夜8時頃が見ごろですので、フィールドスコープをお持ちの方、どうぞ試してみてくださいね。
土星の環を自分の眼で直接見るのは、やはり感動物ですよ!

P.S.
土星はさすがに無理でしたが、月の写真は望遠鏡の接眼レンズ越に、デジカメを手持ちでも何とか撮ることができました (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:32 | 40:天体 | コメント (3) | トラックバック (0)
<< 2009年6月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Recent Comments