自然科学塾でクラフト惑星作り!

今年も新潟大学人間教育学部での星空ファクトリー主催(長野、宮澤)、教育学部学生協力の"自然科学塾"が始まりました!
今年も近くの小学生たち、20名以上が参加、賑やかな塾となっています (^_^)
第1回目の内容は小手調べの紙工作教室、"クラフト惑星作り"です。

型紙を切り取って、20面体の惑星を作ります。

ちなみに上の作品は火星ですよ。

数年間、科学塾連続参加の常連少年たち!

今年はますますパワーアップしてきているみたいです (^^;;

出来上がった金星、地球、火星を窓に並べてみました。

大学キャンパスも新緑がきれいでした (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:33 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

阿賀野市広報に載りました!

昨年12月7日に、阿賀野市笹岡地区の「笹岡子どもを守る会」のクリスマスお楽しみ会に、科学実験ショーとして液体窒素の実験を行いましたが、そのことが阿賀野市の広報1月号に載りました!
"新潟のでんじろうがキター!!"という記事ですが、タイトルがちょっと恥ずかしいですね (^_^;)
阿賀野市のホームページで、広報の全部をPDFで見ることができます。
広報あがの1月号
この9ページ目ですね。

P.S.
超小型ノートPC「VAIO type P」、さすがにソニーです!
欲しい!!!

投稿者 みやざわ : 23:30 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

デッキー401でクリスマスキャンドル作り!

今日は新潟市中央区のデッキー401の地下イベント広場で、"クリスマスキャンドル教室"の科学イベントを行いました。(星空ファクトリー共催)
朝10時から夕方4時半まで、子供たちを中心に約200人が参加のイベントとなりました。
ほぼ立ちっぱなしの作業、やはり疲れましたね (^^;
上の写真は完成した透明ジェルのキャンドルを30分ほど棚で固めているものです。
今回は丸いカップ形とハート型のどちらかを選んで作ってもらいました。

一生懸命にラメなどでデコレーションをしている子供たちです。


久しぶりに登場、星空ファクトリーのキウチさん(左側)です (^_^)

そして昨年の自然科学塾でいっしょに講師をしてもらった新大生のヤマモトさん(左側)です (^_^)

来年からは小学校の先生になられるとのこと、おめでとうございます!
お二人とも大変にお疲れ様でした。

私の特製アロマジェルキャンドルです!

今夜のお風呂で試してみます (^_^)
そして私の作品、ハート型クリスマスキャンドルです!

水玉は着色したグリセリンです。
けっこうきれいでしょ (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:41 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の科学、エレキテル!

お馴染み、学研大人の科学、今月号の付録は"平賀源内のエレキテル"です。
早速、通販で購入、作ってみました!(価格2,500円)
思っていたより小さいサイズですが、ハンドルを回すと、プラスティックと綿との摩擦で静電気が発生、しばらくコンデンサーに溜めて、数千ボルトの電圧になったところで、針金からスパーク火花が飛びます!
ショートビデオをご覧ください。
エレキテルの火花!
針金の隙間に2回、火花が飛んでます。

付録の部品として、フランクリンモーターキットも付属しています。

静電気の+、−の引き合う力で円筒が回る仕組みです。
ただ、モーターが回る力より、ハンドルを回す力の方がずっと大きいのですが (^^;;

付属ではないのですが、スチロールカップで作成したライデン瓶を並列に接続すると、スパーク火花はもっと強力になります!


2,500円の付録としてはよくできているキットだと思います。
だけど、もっと強力な静電気発生装置が欲しくなってきました。
本格的バンデグラフをそのうち自作してみようかな。。

投稿者 みやざわ : 19:49 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (1)

大人の科学のモーターです!

だいぶ前に買ったものですが、学研大人の科学Vol21"ぼくらのモーター工作"の付録、「電磁石エンジン」です。
ようやく組み立てました。
男の子は皆がお世話になった、あの有名なマブチモーターとは逆に、電磁石が外側に固定され、永久磁石6個が配置されたローターが回る仕組みです。
磁石によってON、OFFするリードスイッチをうまく使って、電磁石と永久磁石の引き合う力でローターが回り続けるというものです。
電磁石のコイルは自分で巻いて作ります。

コイルをきれいに巻くのはなかなか難しいです (^^;

では、実際に回る様子をショートビデオをご覧ください。
回る電磁石エンジン
最初に指でちょんとつついてやると、後は勢いよく回り続けます。
電源は単3電池1本で、普通は1.5Vでは光らないLEDが、コイルの逆起電力により光るのです。
輪ゴムでローターの回転を車輪に伝えてやると、この装置全体が動き出す仕組みです。(だから名前が"エンジン"なんですね)

今月発売予定の大人の科学の付録は、あの平賀源内の"エレキテル"ですよ!
つまり静電気発生装置ですね。
これも楽しみです (^_^)

投稿者 みやざわ : 22:03 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

笹岡で液体窒素の大実験!

今日の午後、阿賀野市の笹岡地区集落センターにて、液体窒素を用いた実験ショーを行いました。
これは"笹岡子供を守る会"のクリスマス楽しみ会のイベントで、実は同じ職場のKさんから個人的に頼まれたものでした。
なお実験用の器材の大半は、星空ファクトリーから調達しています。
今日は前半が私による液体窒素実験ショー、後半は例の液体窒素アイスクリーム作りを子供たち全員で行いました。
前半の実験ショーでは、花や野菜を手でパリパリ崩す、ゴムボールをこなごなにする、風船を縮めてまた膨らませる、液体酸素で燃やす、電池を液体窒素の沈める、ペルチェ素子での発電実験、を行いました。
子供達は興味津々の顔つきで見てくれたので、やりがいはありましたね (^_^)
ただし、液体酸素とペルチェ素子の実験は、はっきりいって失敗でした。
液体窒素の実験は事前のリハーサルがなかなかできないのが辛い所です。。

今日の参加者は子供たちが保育園児から中学生までの40名程度、大人たちが20名程度と、大変な大人数で、一人でこなすのはけっこう大変でしたね (^^;

液体窒素アイスクリームを作る準備をしているところです。
ボウルで牛乳、クリーム、砂糖、バニラエッセンスを混ぜたところに、直接液体窒素を注いでかき混ぜて行くとアイスクリームの出来上がりです!(トップの写真)
出来上がった、とっても美味しいアイスクリームです。

本日の私、またも白衣コスプレでの登場です (^^;

マシュマロアイスを子供達に手渡しているところです。
実は白衣って、けっこう暑いのですね、汗だくで実験してました (^^;;

笹岡地区の皆さま、本日はお呼び頂きありがとうでした。
子供達とけっこう楽しく実験できたと思います (^o^)

投稿者 みやざわ : 20:07 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

県央まつりでスライム作り!

2日続いてのサイエンスイベントです。
本日は加茂市の産業センターでの、"きらめく越後 I LOVE 県央まつり"に星空ファクトリーとしての出店でした。
10時から16時まで、計120名の子供たちがスライム作りを行いました。

三条市・燕市・加茂市・田上町・弥彦村の市町村長が勢ぞろい。

司会はFM新潟でお馴染みのヤンさんでした (^_^)

"ゴーオンジャーショー"が始まると、肩車の子供たちだらけになりました。

いやー、すごい人気にびっくりでした (^^;

赤、青、黄、緑、畜光塗料の中らか好きなものを選んでもらいます。


特製、オレンジ色のバルーンスライム。

by長野お嬢様 (^_^)

これも特製、コーヒースライムbyみやざわ (^^;

なかなか気持ちいいですよ (^_^)

P.S.
9月25日に放鳥された10羽のトキのうち、行方不明だった2羽はどうも新潟平野に来ているようです。
昨日、雌のトキが関川村で写真に撮られ、確認されました!
新潟日報の記事
もう1羽の雄のトキも胎内市などで目撃されているようです。
二人(?)は夫婦だったとのことで、連れ添ってはるばる海を越えて本土まで来たのでしょうね (^_^)
これから迎える厳しい冬を何とか乗り越えてほしいものですね。

投稿者 みやざわ : 22:22 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

自然科学塾で入浴剤作り!

本日午前は新潟大学での自然科学塾でした。
春から始めた自然科学塾も今回が最終回、今日のテーマは"発泡入浴剤の製作"です。
本日のメイン講師は大学生で、実は私にとっては初めてのテーマでした。
寒くなってきましたので、炭酸ガスで暖まる入浴剤、いいですね (^_^)
上の写真は乳鉢で入浴剤の材料を混ぜているところです。

その材料は次の4種類。

無水硫酸ナトリウム、重曹、フマル酸、クレイ(カオリン)です。

乳鉢の中でよく混ぜます。


少量の無水エタノールを加えます。


固形状態にするため、塩ビ管に詰めます。


万力を使って、ギュッと押さえます。


そして最後に塩ビ管から抜き出して出来上がり。

ここで慎重に抜かないと、壊れてしまいますよ。
完全に乾くまでは30分ほど、かかります。

今回作った発泡入浴剤は市販のものとは違い、色も香料も使わなかったので、ちょっと変わった感じだと思います。
ただ私は実際にはお風呂で試していないので、、、よくわからないのです (^^;

今年の自然科学塾は今回で終了。(全6回でした)
来年もまた行う予定ですので、新大周辺の小学生たち、またよろしくです!

投稿者 みやざわ : 20:46 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (1)

大形小学校で科学実験ショー!

本日午後は新潟県サイエンスリーダーのお仕事(ボランティア)で大形小学校PTA主催の"わくわく実験ショー"に行ってきました。(バザーとの同日開催)
同じくサイエンスリーダーのシノザワさん(会社員)と2人での先生役です。
今回は体育館でのステージショーとのことで、実は私にとっては初めてのステージ経験でした。
そしてこれも初めての白衣コスプレ(?)姿での出演です (^^;
午後1時からの1時間のステージで、3つの実験を行いました。
なお今日の掲載写真はすべてPTA役員の方に私のデジカメで撮影してもらいました。
ステージショーでは、さすがに自分では撮れないですね (^^;;

1つ目は参加者の注目を集めるように爆発系の実験、"爆鳴気"の実験です。

透明なチューブに入れた水素+酸素を燃やすのですが、チューブを持つ手に衝撃が走りますよ!
これ以外に袋に入れた水素+酸素に火をつける実験もしたのですが、とってもすごい爆発音が大迫力でした!

2つ目は大気圧の実験で、まずは有名な"マグデブルグの半球"です。
今回はステンレス製の小さなボウルを合わせ、台所用の真空ポンプを使って中の空気を抜きました。
2人の男の子にステージで思いきり引っ張ってもらったのですが、ボウルはびくともしませんでした。

後で我々も加わって引っ張ったのですが、それでも外れませんでしたね。
300Kgの力が必要というのは本当のことみたいですよ。
次に大気圧を実感するもう一つの実験として"一斗缶つぶし"を行いました。(今回は新品のブリキの一斗缶で実験)

一斗缶の中に少量の水を入れカセットコンロで沸騰させます。
蓋をしっかりとした後に、じょうろで水をかけてやると見事につぶれてくれますよ (^_^)

そして本日の最後、3つ目は実験というか遊びに近いのですが、"ジャンボシャボン玉"です。
まずは大きなシャボン玉飛ばしです。(シノザワさん、うまいです!)

扇風機を使って、大きなシャボン玉を作ってみました。
そして本日のメインイベント、人が入れるジャンボシャボン玉です!
トップの写真は後ろからですが、子どもがすっぽり入ってしまうのですよ。
正面から見た写真です。

これ、希望した子供たち全員(50名以上かな)をシャボン玉に入れてあげたのですが、シャボン玉を作る方はしゃがんだ姿勢から、立ち上がって手を伸ばすという屈伸運動を繰り返すことになり、とってもいい運動になりました (^^;
今でも体がちょっと痛いです。。

大形小学校の子どもたち、とても積極的で好奇心旺盛でした。
今日の実験ショーで少しでも科学に興味を持ってもらえるとうれしいですね。

投稿者 みやざわ : 21:06 | 41:サイエンス | コメント (5) | トラックバック (0)

科学教室、ダブルヘッダー!

本日は科学実験&工作教室を午前、午後と2つもこなしました。
午前は定例の新潟大学での"自然科学塾"です。
本日のテーマは"静電気"で、メイン講師は大学生のふなやま君でした。
最初は"電気クラゲ"の工作でしたが、今日は朝にかなりの雨が降り、湿度が高い状況、こういう時はスズランテープで作成したクラゲを静電気の反発でうまく飛ばすことは困難なんですが、、、
そのとおりでほぼ全滅の状態でした。
上の写真は静電気を帯びたストローにくっついてしまったクラゲです (^^;
悪いことに今日は大学全体が停電、エアコンで除湿もできず、静電気実験にはかなりつらい状況でした。
次の工作は"ライデン瓶"です。
スチロールコップとアルミ箔で静電気を溜めるコンデンサー(=ライデン瓶)を作っているところです。

ストローをこすっての静電気の起き具合がいまいちなので、電気を溜めるのは大変でした。
特製の2重構造ライデン瓶を使って、"100人おどし"ならぬ"3人おどし"をしているところです。

このくらいの人数だと、皆でパチッとくる感電を楽しむことができますね (^_^;)

午後は五泉市の川東小学校での科学工作教室です。
こちらのメイン講師は星空ファクトリーの事務局長、長野さんです。
工作のテーマは"3D万華鏡"です。
完成した3D万華鏡を覗いているところです。

立方体の内側6面とも鏡の世界、1面にひっかき傷で描いた星座が無限の空間に浮かびあがる不思議な世界を見ることができるんです。
例えばこんな流れ星を描いておくと、

こんな風に見えるんです!

写真では立体感があまり出ていませんが、それでも流れ星の絵があちらこちらに浮かんでいるのがお分かりでしょうか。

ということで、子どもたちとの科学遊びに楽しいけれどもけっこう疲れた1日でした (^_^)

投稿者 みやざわ : 19:52 | 41:サイエンス | コメント (1) | トラックバック (0)

見附市キッズフェステイバル&紀子さま!

まずはご注意、タイトルの2つのもの、何の関連もありません (^^;;;
本日は見附市中央公民館において、子供のためのお祭り、見附市キッズフェスティバルが開催され、NPO法人星空ファクトリーもスパーボール製作のブースを出しました。
このスーパーボール、大人気でして、開始から1時間を過ぎたところでラテックス6本分の材料(300人弱)が底をつき、早々と店じまいとなってしまいました (^^;
ラテックスとクエン酸と水を混ぜて作るスーパーボール、なかなかきれいな球にはできないのですが、けっこう弾んで楽しめます。
最後に残った材料などを混ぜて作った巨大スーパーボールです!

手に持つのは星空ファクトリーのいとちゃんでした (^_^)

P.S.
佐渡シリーズはいきなり番外編になります (^^;;;
25日のトキ放鳥式典終了後に車に戻る秋篠宮ご夫妻です!

紀子さまスマイルがよかったですね (^_^)
空に舞ったトキを撮っていたカメラを向け直して撮影しました。
ところで、芸能人やアナウンサーの写真を掲載してよく怒られる私ですが、、、
皇室関係の方の写真って、やはり肖像権はあるのかな?
ちょっと調べたら、皇室や政治家などの公的な活動に関しては問題なさそうですね。

投稿者 みやざわ : 20:14 | 41:サイエンス | コメント (5) | トラックバック (0)

手回し静電気発生装置!

何か変な写真が写っていますが、実はこれ、あのパチッとくる静電気を手回しで発生させる装置なんです!
右側のペットボトルの装置がそれです。
"メイトウサイエンス"という科学教材キットの会社のキットで、廉価版ペットボトルタイプ(1L)をもとに作りました。
ペットボトルの中にあるゴムベルトと塩化ビニールパイプの摩擦で静電気が起きるんですよ。
この装置、来月の自然科学塾の静電気の実験で使います。
手回しで起きる静電気はあまり強くないのですが、その電気を左側に写っている"ライデン瓶"(=コンデンサー)に何回かためてあげれば、けっこうパチッとくるようになりますよ (^_^;)
また裏ワザとして電気ドリルでこの回転軸をぶんぶん回すと、思いきり強い静電気を発生させることができます!
ペットボトルの上の球体に、手で持った球体を近付けると、電気火花がパチパチと飛んで、とっても素敵ですよ (^_^)
この辺りはまた後日、紹介しますね。

投稿者 みやざわ : 20:23 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

科学塾で二弦ギター作り!

本日午前は新潟大学人間教育学部での久しぶりの"自然科学塾"でした。
今日のテーマは"二弦ギター作り"、弦としてタコ糸と水糸を使ってのアコースティックギターです。
共鳴箱としては、発泡スチロールの丼を使っています。
上の写真は弦を止めるためのL金具をねじ止めしている女子児童です。
こういった工作は皆、不慣れのようでしたが、それでも全員うまく音の出るギターを作ることができました (^_^)
今日のメイン講師、大学生のワタナベくんです。

とても丁寧な説明、よかったですよ。
お疲れ様でした。

完成したギターを使っての演奏風景ショートビデオです。
ギター三重奏?
あれ、ギターじゃなくて津軽三味線じゃないの、という感想は、、、置いておきましょう (^^;;;

P.S.
今月と来月の石山地区公民館での"親子de科学"では、エレキギターとギターアンプの製作を行います。
その試作品をとってもうまく引いてくれたアクティブビーンズのマスターです (^_^)

本日はとっても長いこと、お邪魔しました。
タンシチューパスタ、Goodでした (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:08 | 41:サイエンス | コメント (1) | トラックバック (0)

子どもサイエンスまつり in 亀田!

本日は新潟市江南区の亀田市民会館において、亀田地区青少年育成協議会の主催による「子どもサイエンスまつり」に参加してきました。
タイトル通り、サイエンスのお祭りですので、NPO法人星空ファクトリーが全面協力です。
そして昨年度の中越沖地震の復興ボランティア活動に協力してもらった、三井化学の皆様も本日大阪の工場などから特別参加でした。
上の写真は三井化学さんの出し物、"冷却パック作り"で、尿素と水を反応させて確かに冷たくなるのを子供達が確認しているところです。(一部大人の手も入っていますが (^^;)
みんな、いい顔をしていますね (^_^)
三井化学の"ふしぎ探検隊"の方が面白く説明をしてくれました。

何故、水が冷たくなるのかの答えは、白板の1〜4、どれが正解でしょうか?
正解は4、、、、ではないです (^^;;

今回、私が担当した、お馴染みバルーンスライムです。

やはり子供は膨らませるのがうまいです。

駐車場で行ったジャンボ・シャボン玉です。

地元スタッフの方がずいぶん熱心に飛ばしていましたね。

空気砲の体験コーナーです。

ろうそくの炎をピタッと消すのは難しいです。

紙コップロケットの制作風景です。

アルコールの爆発音がいいですね (^^;

紙ブーメランです。

会場の天井が低かったため、うまく戻すのが大変でした。

偏光板の万華鏡です。

偏光板にセロテープを貼るだけでいろいろな色が出るのに、スタッフの人が驚いていました。

今日は予想していたよりもかなり少ない参加人数でしたが、その分、子供たちがゆっくりといろいろな体験をできたようでした。
ということで、よかったとしましょうね (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:22 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスクリーム作りの動画です!

ちょっと遅くなったのですが、7月5日(日)の自然科学塾で行われた液体窒素でのアイスクリーム作りの動画を紹介します。
蒸し暑い日が続く新潟ですが、この動画でちょっとは涼しくなるかな (^^;
液体窒素でアイスクリーム作り!

投稿者 みやざわ : 22:31 | 41:サイエンス | コメント (3) | トラックバック (0)

石山で顕微鏡工作教室!

今日の午後は石山地区公民館で"親子de科学"の科学教室でした。
今日のテーマは"顕微鏡の工作"です。
何回か紹介したことのある直径2mmのガラス玉レンズを使ったペットボトル顕微鏡(倍率約167倍)と、今回初登場の実体顕微鏡(複式顕微鏡、倍率約30倍)の2つを作りました。
上の写真はホログラム用紙で装飾した手作り実体顕微鏡です。
顕微鏡本体はダイソーの紙筒組立家具を利用、レンズはセリアのとげ抜き用ルーペを対物レンズに、ダイソーのルーペを接眼レンズに使っています。
今回の一番の工夫点は木の台に鉄の金具を斜めに取り付け、顕微鏡本体には丸い磁石を貼り付けて鉄の金具の任意の場所で固定できるようにしたことです。
ピント合わせにはちょっとコツが要りますが、一度ピントを合わせてしまえば、後は安定して観察ができるんですよ。
そうそう、照明にはいつものフィルムケースLED照明を使います。

今回観察したものですが、ペットボトル顕微鏡では玉ねぎの薄皮、細胞がはっきりわかるんですよ。
そして実体顕微鏡では私が2年前に三川鉱山跡で採取してきた、とっても小さな水晶の結晶を見てもらいました。
どちらも肉眼では見えない世界、参加した4組の親子さん達に喜んでもらえました (^_^)

P.S.
いつもは星空ファクトリーのスタッフ側は3人で対応するんですが、今日は2人の都合が悪く、私一人での対応で大変でした。
その上、実は昨夜の某飲み会の二日酔いで、けっこう厳しい状況だったのですが、、何とか頑張りましたよ (^^;

投稿者 みやざわ : 19:36 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

液体窒素でアイスクリーム作り!

本日午前、新潟大学教育人間科学部にて"自然科学塾"を実施しました。
今日のテーマは"液体窒素"、上の写真は牛乳、生クリーム、砂糖、バニラエッセンスを混ぜたものに液体窒素を直接注ぎ込み、アイスクリームを作っているところです。
とっても美味しいアイスクリームができあがりましたよ (^_^)

投稿者 みやざわ : 23:59 | 41:サイエンス | コメント (3) | トラックバック (0)

手作り実体顕微鏡、試作中!

ここ最近、夜な夜な試作をしているんです、"手作り実体顕微鏡"を。
実は7月6日の石山地区公民館での"親子de科学"は"顕微鏡工作"がテーマなんですが、いつもの直径2mmのガラス玉を使ったペットボトル顕微鏡(単式顕微鏡)に加えて、レンズを2枚使った実体顕微鏡(複式顕微鏡)も作ってもらおうかな、と思っています。
こういった工作物、材料の入手しやすさ、工作のしやすや、そして値段、と3拍子を揃えなきゃいけないので、けっこう大変なんです (^^;
上の写真の実体顕微鏡の試作一号機と二号機、ほぼ100円ショップの材料でできています。
顕微鏡の要であるレンズは、いろいろと試してみているんですが、セリアのルーペとダイソーのルーペを組み合わせると一番いいみたい、とわかりました。
完成まであと一歩ですね (^_^)

投稿者 みやざわ : 22:11 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

笹岡小学校で科学イベント!

本日午前、阿賀野市(旧笹神村)の笹岡小学校にて、4年生の学年行事としての科学工作&実験を行いました。
星空ファクトリーの長野事務局長と私が講師として参加ですが、実は今回は新潟県のサイエンスリーダとしての事業でした。
本日の出し物は2つ、紙ブーメランとバルーンスライム作りです。
上の写真は出来上がった紙ブーメランを飛ばしているところですが、ちょうどいいタイミングとスローシャッターで不思議な写真になりましたね (^_^)
長野さんの説明を熱心に聞いている4年生の児童たちです。

バルーンスライムは初めての経験だと思うのですが、見事に膨らみましたよ!

今回は家族での参加だったため、子供達の人数は兄弟も合わせて80名弱でした。
やはりけっこう疲れますが、楽しいイベントになってよかったです (^_^)

P.S.
今日の日没後の西の空です。

妙に赤く染まっていました。
また何か天変地異が起きなければいいのですが。。

投稿者 みやざわ : 20:52 | 41:サイエンス | コメント (3) | トラックバック (0)

自然科学塾でペット顕微鏡!

本日午前、新潟大学の教育学部にて「自然科学塾」の講師をしてきました。
私にとっては今年度初めての先生役でした。
本日の工作テーマは「ペット顕微鏡」、ガラスビーズ玉を使った高倍率ルーペの製作です。
高学年の小学生が23名参加、LEDを使った照明装置も同時に作りました。
ペットボトルを切断し、ふたの部分に直径2mmのビーズ玉を設置し、下からLEDで照らす仕組みです。

拡大して見たい試料はペットボトルの口の部分にセロテープでとめておき、ふたを回してピントを合わせます。
こんな感じに見えます。

ところで倍率はいくつになるか、わかりますか?
球状のガラスレンズの焦点距離は半径×1.5となりますので、直径2mmのビーズ玉レンズの焦点距離は1.5mmということになります。
そしてルーペの倍率は250÷焦点距離となりますので、今日作成したペット顕微鏡の倍率は、250÷1.5=167倍ということになります。
つまりレンズが一つしかないのですが、本当の顕微鏡並みの倍率となるのです。
こちらのブログを参考にしました)

P.S.
すみません、今日の教室では計算を間違ってしまい、たしか83倍と言ってしまいましたが、上の計算のとおり倍の167倍が正解でした。
お詫びして訂正いたします (^^;;;

投稿者 みやざわ : 21:28 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

護摩堂山で地学ハイキング!

本日、新潟大学理学部地質学科2年生が主催する「第90回 日曜地学ハイキング in 護摩堂山」に参加してきました。
今回は田上町と五泉市の境界に位置する護摩堂山(271m)での開催でした。
新潟の小学生ならば必ず遠足で登るあの護摩堂山です!
地学ハイキング、私にとっては3回目の参加となります。
一昨年は三川村の阿賀野川で、昨年は間瀬の海岸で、そして今年は丘陵地帯で、と様々な場所での開催、とっても勉強になります (^_^)
上の写真は東竜寺のお墓の上部にある露頭で観察をしているところです。
ここでは今から10〜50万年前に海中で堆積した地層を見ることができます。

護摩堂山の裏側にある露頭の玄武岩の枕状溶岩です。

今から約1,300万年前に流れ出た玄武岩質の溶岩が固まってできたのだそうです。
枕状溶岩の中には透明な方解石(もしかして沸石?)を見つけることができます。

小さいものですが、今回見ることができた唯一の光ものですね (^^;

山頂下の旧石切り場の露頭です。

今から約1,400万年前、新潟の各地で火山活動が起きていた時代にできた火山砕屑物(さいせつぶつ)の岩です。
ここでは断層を見ることができます。

護摩堂山の登り口近くにある露頭です。

ここでは浅い海で堆積した地層(砂優勢の砂泥互層)と断層(みかけ正断層)を見ることができます。
画面を左中から右下に斜めに横切る見事な断層、お分かりですよね。

今回は今までの地学ハイキングとは違い、化石や美しい結晶にはお目にかかれなかったのですが、新潟の大地がどのように形成されていったかを実感することができ、とても勉強になりました。
地学ハイキングを開催してくれた学生さんたち、大変にありがとうございました!

P.S.
今日の地学ハイキング、護摩堂山を裏から表までぐるっと一周するほどの長距離を歩かされました。
山頂の標高は大したことないのですが、やはりかなり疲れました (^^;
実は明後日、昨年も登った残雪の二王子岳にまた登るのですが、ちょうどいいウォーミングアップになったようです (^_^)

投稿者 みやざわ : 19:33 | 41:サイエンス | コメント (8) | トラックバック (0)

テルミンです!

先日、学研の大人の科学の付録、投影式万華鏡を紹介しましたが、それを買いに行ったときにいっしょに並んでいたのが、大人の科学Vol.17、"テルミンmini"だったのです。
この雑誌、昨年の10月に発行されたのですが、超人気でずっと入手できなかった付録なんです。
ということで、大人の科学を2冊買ったのでした (^_^)
で、"テルミン"って、いったい何?、という方がほとんどですよね。
テルミンとは、ロシアの物理学者テルミン博士が1920年に発明した世界で最初の電子楽器なんです。
その原理は2つの高周波を発信させ、一方の方にはアンテナを付けて人間の手を近付けることで微妙に周波数を変化させ、2つの高周波の"うねり"を使って音を出すというものです。
音叉でギターの音程を調整するときと同じような原理ですね。
実際に付録のテルミンで音を出してみた動画です。
テルミンで音を出してみました
すみません、全然演奏にはなってないですね (^^;
実は周波数の調整もちゃんとはできていないんです。
かなり繊細で難しいですよ。

テルミンでのちゃんとした演奏は大人の科学のHPにありますので、興味のある方は是非、聴いてくださいね!

投稿者 みやざわ : 21:43 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

親子de科学、スタート!

本日から新潟市の石山地区の小学生とその親を対象にした星空ファクトリーの事業、「親子de科学」が開始されました。
ほぼ月1回の開催で、年内7回実施の予定です。
本日の製作物は昨日のBlogでちょっと紹介した"投影式万華鏡"です。
上の写真が完成した万華鏡本体となります。
LED光源、トイレットペーパーの芯を利用した筒、万華鏡心臓部の三面鏡、、と全てが手作りとなるため、工作の難しさは一級品レベルでした。
子供の参加者は小学校低学年が多いため、親御さん(お父さん、お母さん)の手助けが前提となっている事業なんです。
それ故に、"親子で科学"というタイトルなんですね。

ところで本日は予定では5組の親子参加だったのですが、"ドタ参加"が5組も現われて、材料は足りなくなるし、席も足りないしで、もう大変でした (^^;
難しい工作でしたが、子供たちには好評だったようですね。
ただし、親の方はけっこう疲れ果てたかも、です (^^;
今回は星空ファクトリーの事務局長、長野さんがメイン講師でしたが、6月の回では"ゲルマニウムラジオ工作"ということで、私がメイン講師になります。
ここの会場はBSNラジオの送信アンテナからわずか500mほどの所で、電波が強すぎるという、いつもとは逆の困難さがあるんですよ (^^;;
ということで、受信感度を調整できるゲルマニウムラジオを考えています。

P.S.
本日の工作物ではないのですが、万華鏡関連として長野さんが試作してきた"3D万華鏡"です。

隅っこの穴から中を覗くと、何と無限の宇宙が見えるんですよ (^_^)v

投稿者 みやざわ : 22:35 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

投影式万華鏡!

学研の大人の科学Vol.13の付録「投影式万華鏡」を作ってみました。
この本は2006年10月発売のものなんですが、なぜ今頃作ってみたのかというと、、、
事実は明日、新潟市の石山地区公民館において、星空ファクトリーの"親子de科学"の第1回目の事業があるからなんです。
そこではトイレットペーパーの芯を利用した、完全手作りの投影式万華鏡の製作を行うのですが、その"予習"として学研の付録を作ってみたということなんです。
本の副題に"博士の愛した万華鏡"とありますが、実は私も万華鏡は大好きなんですが、、この博士とは1816年に万華鏡(カレイドスコープ)を発明したイギリスのブリュースター博士のことなんです。
部屋を暗くして、白い紙に万華鏡の模様を映しているところです。

模様の元は試験管の水の中に浮いているプラスチックのビーズ玉たちです。
こんな模様もできました。

万華鏡って、本当に見ていてあきないものですよね (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:50 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

春の新作、ペットボトル顕微鏡!

本日午前、新潟市西蒲区の巻地区公民館において、星空ファクトリーの科学工作教室を行いました。
子供たち12名ほどが保護者と一緒に参加、ファクトリーからは4名がスタッフとして参加です。
今日の工作物は、星空ファクトリーとしては初物となる"ペットボトル顕微鏡"です。
上の写真はペットボトルの蓋にはめ込んだ直径3mmほどのガラスビーズ玉です。
これだけで何と倍率80倍ほどの顕微鏡になるんですよ!
本体を切り取ったペットボトルの口の部分にセロテープに貼った試料を付けます。

今回は玉ねぎの薄皮を用い、酢酸カーミンで色を付けて観察しやすくしました。
ペットボトルの蓋をはめて回していくことで、ピントを合わせます。
そして光源用にフィルムケースのLED照明(プチ星)を使いました。

この光源の効果は抜群で、玉ねぎの細胞がとっても見やすくなりますよ!

本日午後は旧分水町(現燕市)の国上山に春を探しに行ってきました (^_^)
この件はまた後日です。

投稿者 みやざわ : 19:48 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

にいがた冬っこまつりでスーパーボール!

今週の平日版Blogは先週末、土日の話題を中心にお送りする予定です。
先週土曜日、例の松之山合宿に行く前に、新潟市西区の"有明児童センター"にて行われた「にいがた西っ子ふゆまつり」に参加していました。
昨年までは新潟市全体で"冬っこまつり"を行っていたのですが、今年からは各区ごとの開催になったとのことです。
私は例年のとおり、遠藤さんの助っ人として参加、実は初めての"星空ファクトリー"実験セットをご購入いただき、今回は"長野先生"付きでの"スーパーボール作り"となったのでした (^_^;)
上の写真は黄色いスーパーボールを作っている女の子たちです。
遠藤さんとボランティアの専門学校生に指導している長野先生です。

白い液体はスーパーボールの材料であるラテックスというゴムの原料です。
ラテックスに加えて凝固させるための、クエン酸を計っている遠藤さんです。

クエン酸は舐めるととっても酸っぱくていい感じ(?)です。
大人のお姉さんも大喜びでスーパーボールを作っていました (^_^)

面白いこと、不思議なことに年齢は関係ありませんね!

投稿者 みやざわ : 21:40 | 41:サイエンス | コメント (1) | トラックバック (0)

大人の科学、風力発電機!

私の大好きな学研の大人の科学、最新号Vol18の付録は「風力発電キット」です。
強力な磁石を固定したコイルの内側で回転させる仕組みで、かなり弱い風でもLEDを光らせることができるそうです。
今夜はあまり風がなかったのですが、それでも風が少し吹くと赤いLEDが光りました (^_^)
ペットボトルの口に支柱を装着できるようになっています。
発電機の内部はとってもシンプルです!

実は発電機は交流なので、プラスもマイナスもないんですよ。(つまりLEDは必ず点滅ですね)
宮澤家の庭に3本目の風力発電機として設置しようと思うのですが、、、どうも防水ではないようで、ちょっと無理みたいです。。

P.S.
明日はときプロでお馴染み、藤巻さん一家のクリスマスパーティーにお呼ばれ参加、角神温泉のログハウスに1泊してきます!
ということで、明日のBlog日記は"宮澤氏の写メール日記!"をご覧くださいね。

投稿者 みやざわ : 22:57 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスキャンドル作り、大人気!

本日、新潟市中央区のデッキィ401において、星空ファクトリーのクリスマス工作教室として、「Xmasキャンドル作り」を行いました。
このキャンドル作り、開店直後から参加者が押し掛けるほどの大人気で、予想の2倍ほどの参加者(約130人)が来てくれました。
おかげで最後は材料不足になってしまいました (^^;
MATSUさん、わざわざ来てくれたのに申しわけなかったです m(_._)m
上の写真は熱して溶かしたジェル液を30分ほど冷ましている棚なんです。
今回は丸いキャンドルとハート型キャンドルの両方を作りました。
ハート型キャンドルにスポイトで色付きグリセリン滴を落とし、飾り付けをしているところです。

子供たちだけでなく、そのお母さんや大人たちにも大人気だったのですよ。
明日もデッキィ401の地階で10時から16時までこのキャンドル作りをやっています。(明日は私は不在ですが)
最後の方になると、材料がなくなってしまう恐れがありますので、早めに行った方が安心ですよ。
明日はヨーヨーの世界チャンピオンも来るそうです (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:21 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

サイエンスキャラバン最終回in柏崎!

本日は柏崎市の柏崎市産業文化会館にて、中越沖地震対応のサイエンスキャラバンの最終回を行いました。
今回はJAXA・星空ファクトリー共催のコズミックカレッジとの同時開催です。
サイエンスキャラバンの出し物は、スライム、スーパーボール、プチ星、偏光板工作、ジェルキャンドル(初登場!)、などです。
コズミックカレッジの方は事前申し込み制で、1.5リットルのペットボトルを使ったアルコールロケットの工作実験教室です。
今回のイベントには合わせて90名ほどの親子が参加、いろいろな工作と実験を楽しんでもらいました。
上の写真は会場入り口に飾った、JAXAの月探査衛星"かぐや"の大ポスターです。

アシスタントをしてくれた新潟大学教育人間科学部の学生さんたちです。

約束どおり、インターネットに公開しましたよ (^_^)

今回の私の担当はLEDを使った"プチ星"です。
高輝度の青色と赤色のLEDはとても明るく輝きます!(単四電池2本で)


今日も東京から三井化学の"ふしぎ探検隊"の方々が参加です!

いつもありがとうございます!

初登場、ジェルキャンドルの工作ブースです。

我が家のIHクッキングヒータ、温度暖めに活躍しています (^_^)
透明できれいなキャンドルが出来上がります!

我が家に帰宅後、点灯してみたものです。
ゼリー状の透明キャンドルですよ。

コズミックカレッジのアルコールロケット発射実験です!

燃料は無水アルコール、そこに酸素を注入し、電気火花で着火させる方式です。
横斜め上方に張ったワイヤーにフックを掛けてどこまで飛ぶかを実験するものです。
そのショートビデオを用意しました。
その1 (11秒)
その2 (8秒)
Windows Media Playerで再生できます。
火を噴射して飛んでいるのがわかりますか?

投稿者 みやざわ : 22:00 | 41:サイエンス | コメント (5) | トラックバック (0)

科学の祭典、大盛況!

本日は「青少年のための科学の祭典 2007新潟県大会」に朝から夕方の終了まで、星空ファクトリー・ブースのスタッフとしてずっと参加して来ましたよ!
今日の新潟は小春日和の陽気だったせいか人出がものすごく、新潟薬科大学の体育館で行われた科学の祭典は大盛況でした!
2日間で合計6千人ほどが訪れたようですね。
我々星空ファクトリーのスライム・ブースも昼休みの30分間を除いて、ずっとお客さんが来てくれて、それはもう休む間もないほど大変でした (^^;;; (うれしい悲鳴)
ということで、他のブースをじっくり見ることができなかったのが、とっても心残りです。。

今回、私はスライムの主成分である洗濯ノリと硼砂液の調合係りとして、主に裏方でお湯などを混ぜていました。


やはり学生さんはスライムを膨らませるのがうまいです!


2日間で使ったスライム用洗濯ノリの空き容器の山です。

星空ファクトリー・ブースには2日間で1,500人ほどが来てくれたのかな?

今回の科学の祭典の事務局責任者は、新潟テレビ21、UXの田中健さんでした。

今日の閉会式で挨拶をされているところです。
田中健さん、実は以前はTeamECOときプロジェクトの方を担当されていたんですよ。
科学の祭典、成功裏に終わってよかったですね (^_^)
健さん、大変にお疲れ様でした!

投稿者 みやざわ : 20:49 | 41:サイエンス | コメント (3) | トラックバック (0)

明日と明後日は科学の祭典!

明日24日(土)と明後日25日(日)に新潟市秋葉区(旧新津市)の新潟薬科大学において、「青少年のための科学の祭典 2007新潟県大会」が行われます。(入場無料)
私が所属するNPO法人 星空ファクトリーも例年通りブースを出します。
今年のテーマは「光ってふくらむスライムを作ろう」ということで、お得意のあのスライムですよ (^_^)
蓄光塗料を混ぜれば夜中に光るスライムです!
今日はその準備作業に長野さんと薬科大学まで行ってきました。
実は今回は私がブースの責任者になっているのですが、明日は事情により参加できません。(午後から出られるかも?)
新潟県の公式ホームページ(上のリンク)の実験内容一覧(PDF)を見てもらえばわかりますが、各企業や高校、大学などが様々な面白実験、工作を全27ブースで出展しています。
どうぞ皆様、お出かけくださいね!

P.S.
新潟薬科大学近くの丘から見えた本日の夕焼け空です。
左が国上山、右が弥彦山ですね。

投稿者 みやざわ : 19:56 | 41:サイエンス | コメント (5) | トラックバック (0)

刈羽村でサイエンスキャラバン!

本日午後、柏崎市の隣、刈羽村の刈羽第2体育館で「サイエンスキャラバン」を行いました。
今日は時々強い雨が降り、寒くて悪い天候だったのですが、結構大勢の50名程度の子供たちが参加して、科学実験と科学工作を楽しみました。
上の写真は、アルコールロケットを作っているブースです。
今日のように寒い日は無水アルコールの気化がよくなく、うまく点火できないこともあったのですが、私持参のポータブルIHヒータと鉄鍋を利用して、発射台になる空き缶を暖めることで、うまく点火できるようになりました。

ものは使いようですね (^_^)
さて、今回はデジカメのビデオをいっぱい撮りましたので、どうぞご覧くださいね。(315Kbps、Windows Media Video形式)
子供たちがとっても楽しく参加している様子がよくわかりますよ!
アルコールロケットの打ち上げ(7秒)
巨大スライムを混ぜる(48秒)
巨大スライムを引き伸ばす(35秒)
長野さんの液体窒素実験(55秒)
紙トンボを飛ばす(6秒)
今回も東京と九州から来てくれた、三井化学の「ふしぎ探検隊」の皆様には大変にお世話になりました。
発泡ウレタンの実験、面白かったです (^_^)

投稿者 みやざわ : 21:13 | 41:サイエンス | コメント (3) | トラックバック (0)

ラジオ工作教室、完結編!

本日午前は関屋中学第22回卒業生同窓会幹事会のメンバー達と松之山を散策(その報告はまた後日です)、お昼に川西の小嶋屋総本店で"天へぎ"を食べた後、私は長岡での星空ファクトリー主催、宇宙サイエンス教室「ゲルマニウム&ICラジオ工作教室」に講師として行ってきました。
今回はラジオ工作教室の2回目ということで、前回作成した"フラフープ・ゲルマニウムラジオ"にICなどの部品を追加して"フラフープICラジオ"にバージョンアップするという内容でした。
ところが、、本日参加の中学生6名のうち、前回も参加したのはたったの2人で、残り4人はラジオ工作初参加だったのです。
ということで、4人はゲルマニウムラジオからICラジオまでを一気に製作することとなり、もう大変な状況だったのです (^^;
(長野さんが半田付けを手伝ってくれて、助かりました)
上の写真は一番最後まで完成できずにいた半田付け初体験の少年が、半田付けをすべて終了し、電源スイッチを入れたとたんにラジオ放送を受信できてニッコリ、というものです。
ICラジオにしたこことで、建物の内部でもとても大きな音でラジオを受信することができました。
今回も参加者全員がICラジオを完成することができて、とてもよかったです (^_^)

ところで、昨夜の松之山でのことなんですが、A氏の保養所にあったラジカセと私が作ったフラフープICラジオの受信感度の競争をしてみました。

結果、フラフープICラジオはとても簡単な回路でありながら、スーパーヘテロダイン方式のラジカセに劣らない、どころか、もっとよい感度でラジオ放送を受信することが確かめられたのです!
松之山は山に囲まれた地形のため、地元新潟のAMラジオ放送はほとんど受信できないのですが、送信出力の大きな東京のAMラジオ局はすべて受信することができました。
フラフープICラジオ、本当に優秀なラジオですよ!

P.S.
昨夜は午前2時過ぎまで飲んでいたため、今日はとっても眠いです。。
もうお休みなさい、、、です。

投稿者 みやざわ : 20:26 | 41:サイエンス | コメント (1) | トラックバック (0)

自然科学塾、最終回!

本日は今年の春から続けてきた自然科学塾の最終回でした。
いつもは星空ファクトリー事務局長の長野さんのクラスと、私のクラスとで別々の講座としていたのですが、最終回の今回は会場の都合等から、新潟大学教育人間科学部での2クラス合同の講座となりました。
本日のテーマは「偏光板を使った工作」ということで、偏光板ボックスと、その中に入れるセロファンの折鶴と、ストロー海老を作りました。
上の写真は光についての説明をしている長野さんです。
偏光板ボックスの中で輝くセロファン折鶴です!

美しく輝く様子がうまく撮れました (^_^)
何で透明なセロファンなのに色が見えるのかというと、簡単にいえば光の色(波長)によってセロファンを通過するときの曲がり方が異なるからですね。(正確には各自でお調べください (^^;)

今日まで約月1回のペースで5回ほど、同じクラスの小学生たちと科学実験や、科学工作をしてきました。
楽しい実験や、ちょっと難しい工作など、いろいろやってきたのですが、いつも皆、とても楽しそうに来てくれていたのが一番よかったと思います。
ほとんどの子供は来年は中学生になってしまうのですが、それでもまた参加したいと言ってくれたのが、とてもうれしかったです (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:51 | 41:サイエンス | コメント (5) | トラックバック (0)

柏崎でサイエンスキャラバン!(TV取材付(^^;)

本日は柏崎市の高田コミュニティセンターにおいて、星空ファクトリーと三井化学の「ふしぎ探検隊」のメンバーによる「サイエンスキャラバン」を実施しました。
今日の参加者はちょっと少なくて20名ほどでしたが、その分、じっくりといろいろな科学実験工作を楽しんでもらえたようです (^_^)
上の写真は桶に大量のスライムを作り、それを皆で一緒に引っ張り、大きく引き伸ばすというものです。
こんなに大きなスライム、超ビックリですね!
三井化学の「ふしぎ探検隊」の方々5名はわざわざボランティアで東京から来てくれて、この大きなスライム作りや発泡ウレタンの実験などを担当してくれました。
初めて見る実験に私も興味津々、自分の担当である"紙トンボ"のブースをほったらかして、その実験を見ていました。(まるで子供のようだった、との感想をスタッフKさんから頂きましたが(^^;)
ちなみに私が作成した"紙トンボ"の新作です。

長い翼と短い翼を十字に組み合わせることで、安定性がよい紙トンボとなるようです。

ところで今日のイベントは新潟のTV局NSTの取材があり、本日夕方のニュースで上の写真の巨大スライムが流されたとの情報を遠藤さんから頂きました。
そしてそのシーンに私もちょこっと映っていたそうです (^^;;

投稿者 みやざわ : 21:01 | 41:サイエンス | コメント (1) | トラックバック (0)

科学実験工作教室、ダブルヘッダー!

本日午前は新潟市西区の新潟大学前NICで「自然科学塾」の"プチロケット実験"、午後は長岡市の青少年文化センターの「宇宙サイエンス教室」で"ゲルマニウムラジオ工作"を行いました。
私はどちらともメイン講師であったため、楽しかったけど、今日はすっごく疲れ果てました。。
上の写真は午後の長岡で完成したゲルマニウムラジオをチェックしている様子です。
今回作成したラジオは、私がこのBlogで何回も紹介している例の"フラフープ・ゲルマニウムラジオ"です。
やはり感度は抜群で、BSNの長岡中継所の100Wの電波と、NHKの新潟放送局の10KWの電波を捉えることができました!
今回の参加者は中学生だけとのことで、半田付け作業もやってもらいました。

半田付け初体験の生徒もいて、けっこう難しいラジオ作りに手こずっていたのですが、何とか全員がゲルマニウムラジオを完成することができました (^_^)
来月にはこのラジオにICを追加して、超高感度の"フラフープICラジオ"にバージョンアップさせる予定です。

午前のプチロケット実験は、フィルムケースを使った"炭酸ガスロケット"を作りました。
その燃料の一例です。

クエン酸に重曹と食紅を乳鉢で混合して作った、"すっぱいラムネ"です (^^;
水と混ぜると炭酸ガス(CO2)が発生、その圧力でフィルムケースを5mほど飛ばすことができます。
そのショートビデオをご覧ください。
炭酸ガスロケット打ち上げ!
なかなか勢いがいいでしょ (^_^)

投稿者 みやざわ : 20:46 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

サイエンスキャラバン2007 in 柿崎!

"山古志とその周辺シリーズ"は今日はお休みです。
本日は今年7月16日に発生した中越沖地震に対応した星空ファクトリーの事業、「サイエンスキャラバン2007」の紹介です。
3年前の中越地震では被災した子供たちに理科実験や工作を楽しんでもらおうという「サイエンスキャラバン」を数ヶ月に渡って行ったのですが、今回は中越沖地震で被災した柏崎市やその周辺の子供たちを対象とした事業です。
この事業は9月初めから事務局長の長野さんを中心として開始されたのですが、休日の事業は今日が初めてで、私も今回の柿崎での事業が初参加となりました。

本日午後の2時間ほど、柿崎小学校の体育館で様々な科学工作と実験を約60人の子供たちと一緒に行いました。
上の写真は液体窒素の実験を興味深々眺める子供たちです。
普段は目にすることができない液体窒素、子供たちは大好きなようですね。

女の子にとても人気のあった偏光板万華鏡の工作です。


こちらも大人気、お馴染、バルーン・スライムです!


ストロー竹とんぼの工作です。


アルコール点火式のプチロケットです。

■プチロケットのショートビデオ

3枚羽の紙ブーメラン工作です。

■紙ブーメランのショートビデオ

偏光板ボックスに入れてみたストローアニマルの海老です!(byホリさん)

普通のストローがとっても美しい海老になるんですよ!

おまけです。
専門学校お姉さんのバルーンスライム、いつもお見事です (^_^)


P.S.
元気な子供と一緒に遊ぶのは、やっぱりとても疲れますね (^_^;)

投稿者 みやざわ : 21:30 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの自然科学塾!

今日は久しぶりの「自然科学塾」を、新潟大学前のNIPPOキャンパス館にて行いました。
今日のテーマは"アクリル星座板工作"で、いつもの小学生メンバー約10人が参加、大学生のアシスタントが2人、そして私がメイン講師を務めました。
私を含めていつもの先生役の3人は、子供たちがだいぶなれてきたせいか、子供たちから遊ばれる対象になってきたようです。
まあ楽しい塾ということで、いいといたしましょうか (^^;
上の写真は見事にできあがったアクリル星座板のLEDに電気を流し、暗くした室内で光らせたものです。
左側が青色LED、右側が緑色LEDでの照明となります。
青色LEDの方がずっと明るく光りますね。
透明アクリル板の下に星座が記された紙を置き、ピンバイスという小さな手動ドリルでアクリル板に穴を何百個も掘って完成させるという、地道な工作物なんですよ。
ところで何の星座かおわかりですよね?
今の時期なら夜8時ころに天頂に位置している夏の大三角形、白鳥座、こと座、わし座ですよ。
もしわからないという人がいたら、ちゃんと復習をしてくださいね (^_^;)

投稿者 みやざわ : 23:59 | 41:サイエンス | コメント (4) | トラックバック (0)

ルビーの原石!

以前に紹介したデアゴスティーニの"地球の鉱物コレクション"シリーズの付録に付いてきた「ルビー<母岩つき>」です。
(今でもほぼ毎号、買っているんです (^^;)
石灰岩の母岩の中に、ちょっとだけ赤いルビーの原石が混じっています。
これで990円、やはり高いかな。。
ルビーといえば、"ルビーの指輪"ではなくて、、、確か初めてのレーザー装置がルビーで作られていたのじゃないかと記憶しています。
今でも医療用のレーザーはルビーを使っているようですね。

P.S.
本日、宮澤家のDNSサーバがダウンしていました。
何人かのユーザさんには大変にご迷惑をおかけしました m(_._)m
今日のサーバルーム内の温度、とうとう35度を越えてしまいました。
ということで、今日からエアコン24時間連続運転に入ります!
一月くらい、続くかな。。。

投稿者 みやざわ : 21:30 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

これ、何でしょう?

ネタがなくて困ったときの"これ、何でしょう?"シリーズです (^_^;)
ニコンの実体顕微鏡で拡大した画像です。
こんなのもあります。

正解は、、、、










これです!

我家の庭に咲いているガクアジサイ、1つ目の写真は葉っぱに付いた"おしべ"、2つ目の写真はもう終わりかけている花の部分(ガクアジサイの中心部)についている"めしべ"でした。

投稿者 みやざわ : 21:09 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

新科学実験テーマ、実験中!(大人の火遊び (^^;)

本日午後は星空ファクトリーの定例会でした。
長野さんが現在検討中の"火"についての実験テーマを実際に試してみたのでした。
その実験材料は下記のものです。

鉄の粉とマグネシウム金属の粒ですね。
これらの金属、実は燃えるものなんですよ!
ティッシュペーパーにこれらの材料を包み込み、火をつけて燃やしてみるのです。
鉄粉は線香花火と同じように火花を飛ばし、マグネシウムは白く輝いて燃えます。
材料の調合や、ペーパーの包み具合によって燃え方がかなり変わることがわかりました。
下記のショートビデオは一番激しく燃えたときのものです。
鉄とマグネシウムの燃焼ビデオ!
どうです、なかなかきれいな花火ですよね!
"大人の火遊び"、楽しかったですよ (^_^;)

投稿者 みやざわ : 23:21 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

これ、何でしょう?

久しぶりのニコン実体顕微鏡拡大シリーズです!
これ、何だと思いますか?
正解は、、、、






これです!

えっ、わからないって?
我家の庭に咲いていた"ネジバナ"ですよ (^_^)

投稿者 みやざわ : 22:19 | 41:サイエンス | コメント (3) | トラックバック (0)

アルコールロケットの発射装置!

すみません、今日は3日前のBlogで書き足りなかったことの補足記事です。
上の写真はプチ・アルコールロケットの発射台と点火装置になります。
発射台はフィルムケースの蓋に2本の導線を付け、アクリル板に"グルーガン"というもので接着したものです。
グルーガンとは棒状の樹脂を熱で溶かして接着する道具です。(解説のページ
私は今回初めて使ったのですが、なかなか便利な接着道具ですね (^_^)
そして上の写真で黒いものがチャッカマンを改造して作った点火装置です。
中に圧電素子というものが入っていて、引き金を引くと圧電素子が打ち付けられることで高電圧が発生、フィルムケース蓋の導線間の5mmほどの隙間に火花が飛んでフィルムケース中に気化したアルコールが引火して爆発するという原理です。
実はこの点火装置は私が自作したものですが、星空ファクトリー備品の点火装置は電気仕掛けでもっと強力な火花が発生、確実な点火を行える優れものなんですよ。
この点火装置の端子を指で触って引き金を引くと、なかなかいい感じの電気ショックを感じることができますよ (^_^;)
※チャッカマンを改造する場合には、中のガスを完全に使い切ってからにしてくださいね!

投稿者 みやざわ : 21:35 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はアルコールロケット!

今日はNPO法人星空ファクトリー主催のイベントとして、新潟市南区の白根学習館で科学実験工作教室のメイン講師を務めてきました。
小学生8名が参加、アシスタントに新潟大学の学生3名、そして白根学習館の方が1名、ついてくれました。
今日の実験工作テーマは「プチロケットを飛ばそう!」です。
フィルムケースを使って2種類のプチロケットを作りました。
炭酸ロケットとアルコールロケットです。
炭酸ロケットはバブなどの炭酸系入浴剤と水をフィルムケースに入れて、炭酸ガスの圧力で飛ばすものです。
入浴剤と水の量によって飛び上がる瞬間がいつになるのか、まったくわからないのが面白いです (^_^;)
もうひとつのアルコールロケットは、その名のとおり、少量のアルコールをフィルムケースに入れ、高電圧のスパーク火花で点火させ、ロケットを飛び上がらせるものです。
こちらはものすごい迫力があります。
スパークを飛ばす仕組みのロケット発射台も工作します。
アルコールを入れすぎると、発射台が燃えてしまうという問題もあります (^^;
上の写真は発射のタイミングをつかめるアルコールロケットの発射瞬間を撮ったものですが、あっという間に飛び上がってしまうので、なかなかグッドタイミングは難しいですね。
写真の上部に、フィルムケースのロケットがなんとか写っています。
ということで、この類はデジカメをビデオモードに切り替えて撮影です!
では、以下の4つをご覧ください。
炭酸ロケット:単発発射
炭酸ロケット:連発!
アルコールロケット:発射の瞬間、アルコールが燃えてます!
アルコールロケット:遠くまで飛びました (^_^)
今日もとっても楽しい科学実験教室でした!

投稿者 みやざわ : 18:54 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)

これ、何だろう? シリーズ!

昨日紹介したニコンの実体顕微鏡を使って、「これ、何だろう?何でも拡大してみてみよう」シリーズの開始です (^_^;)
上の写真、何だかわかりますか?
今の季節、よく見るものですよ。
もう少し熟すとこうなります。


どうです、わかりましたか?
正解はこれです!
もうおわかりですね (^_^)

P.S.
明日と明後日、旧塩沢町の巻機山(1,967m)に登ってきます!
明日の夜は麓の清水集落の民宿"雲天"に宿泊、明後日の早朝に山に登ります。
天気はすごくよさそうで、とっても楽しみです (^_^)
なお今回のメンバーはちょっと変わっています。
この続きは明日の夜、"宮澤氏の写メール日記!"で。

投稿者 みやざわ : 21:08 | 41:サイエンス | コメント (1) | トラックバック (0)

ニコンの本格実体顕微鏡!

以前、このBlogでビクセンの低価格実体顕微鏡を紹介しましたが、、、何と、ニコンの本格的な業務用実体顕微鏡も入手しました!
SMZという型番で、10倍の接眼レンズを付けた場合、ズームで8倍から40倍までの双眼実体顕微鏡となるものです。
実はこの実体顕微鏡、W会のYさんが、会社で使わなくなったものを、超格安(定価の1/10以下!)で譲ってくれたんですよ。
Yさん、大変にありがとうございました (^_^)
さすがにニコン製ですね。
機構がすごくしっかりしているし、レンズの見えも抜群です!
まだ何台かあるということなので、格安の中古品を入手したい方は私まで連絡くださいね。
SMZ以外にも、SMZ-1B、SM-5もあるとのことですよ。(ニコンのページ

下の写真、ある身近なものを40倍の倍率で見たものです。

これ、何かわかりますか?

投稿者 みやざわ : 22:01 | 41:サイエンス | コメント (8) | トラックバック (0)

小学校でサイエンス教室!

今日の午前は某小学校において、サイエンス教室のサブ講師を務めてきました。
3年生のPTAによる親子サイエンス教室へ、新潟県のサイエンスリーダーとして派遣されたものです。
本日のメイン講師は、ときプロでお馴染みの藤巻さん(奥様)です。
今の小学校での理科の学習は、3年生になってから始めるということで、子供達に理科を楽しんでもらおうという趣旨の教室です。
本日のテーマは、"空気の実験"と"スライム作り"です。
上の写真は空気砲を使って、遠くからろうそくの炎を消すという競技です。
右側のカップ麺の薄型段ボール箱の空気砲、威力抜群でしたよ!

藤巻講師によるドライヤーでのスチロール玉空中遊泳実験です。

子供達、とっても不思議そうに見ていました。

ストローを使って小さなスチロール玉を空中に浮かす工作&実験です。

子供も大人も楽しく工作していました (^_^)

スライム作りです。

今回はいつもの星空ファクトリー式とは違い、各人のコップの中で直接、洗濯のり、水、絵の具、ホウ砂飽和水溶液を混ぜてスライムを作るやり方でした。
実は水を入れすぎたり、絵の具を入れすぎたりで、なかなかうまくできない子もいたのですが、それでも何回もやり直しながら、なんとかスライム状のものができたようでした。
小学校3、4年生くらいが、こういった教室を一番楽しんでくれるみたいですね。

P.S.
本日の夕方&夜は、関屋中学第22回同窓会代表幹事会メンバーによるとっても楽しい飲み会でした。
私の再就職を祝ってもらっての花束贈呈式です。

皆さま、大変にありがとうございました (*^^)v

ちょっと前のことですが、塩爺さんが大人の休日倶楽部ミドルの特別切符を使って、北海道函館日帰り強行旅行(函館には1時間も滞在できない (^^;)に行ったときのお土産の"幸福行き切符!"です。


2次会ではスナックのカラオケで70年代のヒット曲を歌いまくり、とっても楽しい時を過ごしました (^_^)

投稿者 みやざわ : 23:59 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

双眼実体顕微鏡!

最近のマイブームは以前にもBlogで紹介した"鉱石観察"なんですが、とうとう買ってしまいましたよ、双眼実体顕微鏡!
ヨドバシカメラで一番安く売っていたビクセンの"ミクロボーイ"というものです。
実売価格は14,332円でした。
倍率はちょっと高めの30倍固定です。
おまけで12種類の鉱物サンプルが付いていますが、小さくてあまり面白いものではないですね (^^;
これ、光学製品としては安物、B級品の部類です。
やはり作りとかは、いかにも安っぽいです。
対して、3万8千円程で売っているニコンの"ファーブル"は高級感がありますね。
(実は佐渡のトキ交流会館にそれが置いてありました)
それでもミクロボーイで両目を使って立体的に見える画像は見事です。
連休に間瀬で拾ってきた沸石をデジカメ手持ちで写してみました。

細い針状の結晶が見事ですよね!
また三川鉱山跡で拾ってきた小さな水晶の結晶も美しいものでした。
たまにはミクロの世界探検も楽しいですよ (^_^)

P.S.
今日は偶然の出会いの日でした!
新潟駅のヨドバシカメラに行った後、ジュンク堂でこれからの仕事に必要なLinuxの本とか買ったのですが、その帰りに駐車場に向かっているとき、反対側から歩いてきた、前の専門学校で同じ机の島だったY先生とばったり遭遇したのです。
Y先生も私が辞めた後に学校を辞められたのですが、お互いの近況報告などをしばらく立ち話しました。
Y先生、とてもお元気そうでしたよ (^_^)
で、そのまた後ですが、車で家に向かっていたとき、前を走っている車から手を振る人がいるのです。
よく見ると、前の前の会社でいっしょだったOさんではないですか!
実は先週木曜に尋ねたときはOさんは出張で不在だったのです。
今度は亀田のOさん宅にお邪魔して、近況報告です。
そしてまた驚くことがありました。
Oさんの奥さんが、巻の藤田先生が主催する尾瀬探索ツアーに参加するつもりだとのこと。
実は昨日の午後、藤田先生宅にお邪魔して、このツアーの話なんかもしていたんですね。
本当、何という偶然でしょうか。。
今日は宝くじで1等が当るくらいの確率のことがおきちゃった感じです。
最近の私、何か偶然の神様に遊ばられている気がします。。。

投稿者 みやざわ : 21:01 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は自然科学塾!

昨日から会社勤めを再開し、平日が忙しくなった私ですが、休日も相変わらず、忙しいんですよ (^_^;)
今日は新潟大学の学生さんといっしょに自然科学塾を日報キャンパス館で行いました。
本日のテーマは"空気砲"の工作です。
上の写真はできあがった空気砲で紙を倒す実験(競技?)をやっているところです。
他に線香の煙で、空気の弾丸をつくる実験も行いました。
ちょっとわかりづらいのですが、デジカメのショートビデオです。
■空気砲で空気の弾丸を飛ばす実験

また本日はいい天気になったので、望遠鏡での太陽観察も行いました。
黒点の観察と、プロミネンスの観察です。
星空ファクトリーのプロミネンス望遠鏡です。

この望遠鏡で見た太陽です。

拡大すると、左上にちょっとだけ、プロミネンスの炎が見えているのですが、わからないかな。。
写真ではなく、直接眼で見た方が、もう少しわかりやすいのですが。

さて、今月は8日(金)の夜は星の観察会、9日(土)と23日(土)は科学実験教室です。
本当に大忙しですね (^^;

投稿者 みやざわ : 22:49 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (1)

今年度の自然科学塾、スタート!

本日午前、新潟大学前にある新潟日報のNIPPOキャンパス館において、今年度第1回目の「自然科学塾」を行いました。
NPO法人 星空ファクトリーと新潟大学教育人間科学部が協力して行っている、小学校高学年向けの科学実験工作の教室です。
この科学塾、昨年から始めたのですが、けっこう人気があるため、今年度は会場を2ヶ所にして、2つのプログラムを並列に行うことにしています。
もう一つの会場である大学の実験室では星空ファクトリーの長野さんが講師を務め、NIPPOキャンパス館の方は私が講師を務めました。
本日の生徒数は10人でした。
大学生4人がアシスタントを務めてくれました。
今日の私の方の科学実験テーマは"静電気実験"です。
上の写真は塩ビパイプを布でこすっておきた静電気を、2つのスチロールカップ+アルミ箔で作った"ライデン瓶"に溜めているところです。
この溜まった静電気を触るとビリッとくるという実験ですね。
しかし、残念ながら本日は雨模様の天気で湿度が高かったため、静電気を発生させるにはよくないコンディションでした。
私自身は静電気を溜めて、ビリッとすることはできたのですが、小学生にはちょっと難しかったようです。
もう一つの実験である"電気クラゲ"については、私も含めて、まったくうまくいかなかったです。。
ということで、最強兵器の出番です!
"バンデグラフ起電機"を使って強力な静電気を発生させ、それをライデン瓶に溜めて、全員で手をつないでビリッと感電する実験を行いました。
これは大成功でしたね (^_^)
全員の体を通して感電するのは、本当に不思議な感覚ですよね。
皆がおどろく顔がとても楽しいです!
バンデグラフ起電機で、人工的な稲妻を発生させているところをデジカメでショートビデオに撮りました。
どうぞご覧ください!

投稿者 みやざわ : 20:30 | 41:サイエンス | コメント (2) | トラックバック (0)

FM PORT 親子サイエンス教室!

本日は新潟のFMラジオ局、FM PORT主催の星空ファクトリーによる"親子サイエンス教室"をショッピングセンター、デッキー401の地下広場で行ってきました。
(ただし今日はラジオの取材はなしです (^_^;)
予想していたよりは参加人数が少なく、全部で80組程度でした。
午前はスライム作りを、午後はスライムと偏光板万華鏡作りを行いました。
上の写真はスライムで楽しむ様子です。
スライムはけっこう人気があるのですが、偏光板万華鏡の方は見た目が地味なのか、ほとんど人が来ませんでした (^_^;)
偏光版2枚とセロテープ、紙コップだけで作れる、こんなにきれいな万華鏡なんですけどね。。

やはり不特定多数の参加者相手の場合には、わかりやすいスライムが一番のようですね!

P.S.
昔の会社でいっしょだったT内さん、突然の出会いにビックリしました。
どうも、お久しぶりでした (^_^)

投稿者 みやざわ : 23:12 | 41:サイエンス | コメント (0) | トラックバック (0)
<< 2009年6月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Recent Comments